キャッシング借入方法〜会社によって何が違うの?

お金借りるキャッシング選び方

 

初めてキャッシングをする時はどこが良いか?

 

と聞かれても迷います。

 

やはりお金を借りる以上は金利をあまり払わずに早く返す事が鉄則になりますので、金利が安い所が良いと思います。

 

例えば銀行系キャッシングは金利が安いので、銀行でカードを作れば良いと思います。

 

でも利用者の状況によっては

 

そうでは無い場合もあります、消費者金融などでは無金利で借りれるサービスがあるので、短期間で返せる前提なら 消費者金融で借りた方が良いでしょう。

 

 

そもそもキャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、契約内容によって定められた上限額まで消費者金融の窓口やATMなどからお金を引き出すことの出来るサービスのことを言います。返済方法としては、翌月に一括で返済することが一般的で返済計画が立てやすく、金利も計算しやすいのが特徴的です。

 

キャッシングにも借りる先の種類によって3種類に分類分けが出来ます。1つ目はアコム・アイフル・プロミスといった消費者金融系キャッシング、2つ目は銀行系キャッシング、3つ目は信販系キャッシングに分けられます。

 

この中でも知名度があるのは消費者金融系のキャッシングです。
消費者金融系は、メリットとして、審査が迅速で融資までのスピードが早く、返済方法も充実しており、金利が日割り計算であることが多く、審査基準も銀行融資に比べてゆるい傾向にある一方で、デメリットとして、銀行系に比べて金利が高くなりやすい傾向にあります。

 

しかしながら、アコムやプロミスのように無利息期間を設けているサービスもあるので、一概にも高いとは言い切れません。

 

消費者金融系の金利は概ね4.5〜18%となっています。
金利は日割り計算になっていて、早く返せば返すほど金利負担が軽くなるところが多いです。
利用時間も土日であってもできるところが多く、利便性が高いことが特色と言えます。
また、一定の収入が見込める人で、20~69歳の人であればキャッシングを受けられるところが多く、主婦や学生、フリーターでも融資を受けられるのが特徴と言えます。

 

これから、消費者金融系キャッシングのアコム・アイフル・プロミスについての特色を紹介します。

 

プロミスの特色は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行に口座があれば、24時間最短10秒でキャッシングを受けられるという点です。
最短10秒は他のサービスではない早さです。
『瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。』

 

無金利期間も30日あり(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 )、
初めてのキャッシングでも金利負担なく借りることができます。
一方で、収入が全くない専業主婦などは借りられないところに注意が必要です。

 

アコムの特色は利便性が抜群に高く、サービスも良い点にあります。
アコムは24時間365日利用でき、インターネット・コンビニでも借り入れ返済できる点です。
また、返済日お知らせメールサービスやスマホアプリなどサービスにも力を入れており、返済しやすい環境整備にも力を入れています。

 

一方で、勤務先を持たない無職の人や専業主婦は融資を受けられないだけでなく、収入の安定している自営業や個人事業主でも融資を受けられない場合があるなど比較的審査基準が適正と言えます。

 

アイフルの特色は、利便性の高さです。具体的には、他の金融機関との提携が比較的進んでいます。
なので、近くの銀行でもキャッシングを受けられるという点で、アコムより便利と言えます。
また、審査基準において、勤務形態に指定がないので自営業者などでも比較的借りやすい傾向にあります。一方で、無金利期間の設定がないところがデメリットかもしれません。

 

このように各サービス の特色を掴んで、自分に最もあったところからキャッシングを受けることが肝心となります。急な出費が必要な際、是非利用してみてはいかがでしょうか?